HOME>注目記事>目立たない治療が嬉しく働く若い女性に人気となっている

多くの矯正治療から選ばれる理由

口元

大阪市内では歯の矯正治療を行う人が多くなりましたが、その矯正方法にもいろいろなタイプがあります。多くの人が取る方法には昔から利用している金属ブラケットを歯に付け、ワイヤーで引っ張りながら歯並びを綺麗にするものです。費用も少なく終わるのですが、矯正していることが目立つことから、年ごろの女性には避けられる治療方法にもなっています。矯正治療で目立たないのが、透明なマウスピースを咥えるインビザラインと言われるものがあります。取り外しも簡単に出来ることから、口内を清潔に保つことが出来るようになっています。また矯正効果が出て来る時期も矯正を始めてから一ヵ月ほどで判り、それ以後は歯の移動を大きく感じることになると言われています。

取り外し可能な矯正治療

大阪市内で行う歯の矯正治療には、いろいろな不都合がついて来ます。金属のブラケットを付けることで目立ってしまうことや、歯が動く時に痛みを感じてしまうことも多々あります。また長期間に渡り矯正装置を付けることで、虫歯の治療にも影響する場合も考えられます。そんな不都合を避ける矯正治療で人気になっているのがインビザラインで、アメリカ発の矯正方法になり、透明なマウスピースを咥えるだけの治療になります。このマウスピースは一日に20時間ほど咥えるだけで良いのが特徴となっています。

月に一度程度の来院で済む便利さ

若い女性が好むこの治療方法は矯正していることが目立たないと言うことと、取り外し可能と言うことで歯磨きが可能となることです。口臭を避けることが出来、大きな口を開けても大丈夫なことで、利用希望者が多くなって来ています。大阪市内で行うインビザライン矯正はメンテナンスの必要がいらず、4週間ないし6週間と言う期間で新しく取り換えることになります。仕事に忙しい人も月に一度程度の来院で済むことは、面倒さを避けるための最高の治療と思われます。